診療案内

ご満足いただけますように

ワクチン接種について

・RSウイルス母子免疫ワクチン(アブリスボ)
・HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)キャッチアップ接種


 

 

RSウイルス母子免疫ワクチン(アブリスボ)

2024年6月24日(月)より希望の方へ接種を開始しました

RSウイルスは世界中に広く分布しており、⽣後 1 歳までに50%以上が、2歳までにほぼすべての乳幼児が感染するとされています。症状は上気道症状(⿐づまり、⿐⽔、くしゃみ)から下気道症状(咳、呼吸困難、喘鳴)まで様々です。

乳児の細気管支炎やウイルス性肺炎の主な原因であり、特に生後6ヵ月齢未満で感染すると重症化するといわれています。その後の気管⽀喘息との関係性も指摘されています。

⽇本では年間 12〜14 万⼈の 2 歳未満の乳幼児が RS ウイルス感染症と診断され、そのうち 3 万⼈が⼊院を必要としています。しかし、有効な治療薬はなく、治療に難渋することがあります。また、月齢別の入院発生数は、生後1~2ヵ月時点が最も多いとされています。

基礎疾患のない乳児をRSウィルスから守るために、妊婦さん向けのRSウイルス母子免疫ワクチン(アブリスボ)が開発されました。妊婦さんに接種することで、胎盤を通して胎児へ抗体が移行し、乳児のRSウイルス感染症による下気道疾患の発症と重症化を予防します。

日本小児科学会からRSウイルス母子免疫ワクチンに関する考え方も発表されていますので、ぜひ参考にしてください。

接種対象 妊娠24週〜36週の妊婦さん(推奨は28週から)
接種方法 筋肉注射、1回投与
接種費用 33,000円(税込) ※自費での接種になります
持 ち 物 母子手帳
ご 予 約 外来受診時、または、お電話で予約ができます。

妊婦健診と合わせてのご予約も可能です。
他院へ通院中の妊婦さまでも接種を受け付けています。
詳しくは、産婦人科外来、または、お電話でお問合せください。


 

HPVワクチンのキャッチアップ接種

2024年8月5日より、HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)の接種を開始しました。

子宮頸がんとは?

子宮頸がんは、国内での患者数・死亡数が増加している病気です。特に20~40代の子宮頸がんが増えています。子宮頸がんの95%以上はヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因です。

HPVワクチンとは?

子宮頸がんの原因となるHPVの感染を予防するワクチンです。これまでに2価、4価のワクチンが接種されてきましたが、2021年には9価ワクチン(シルガード9)が販売開始となりました。公費接種が可能なこの機会にワクチン接種を受けましょう。

予防効果

特に6/11/16/18/31/33/45/52/58型のHPVをカバーするシルガード9は、子宮頸がんの原因となるHPV型の約90%を防ぐ効果があります。

接種するワクチン シルガード9 (9価HPVワクチン)
キャッチアップ接種対象者
(HPVワクチンの接種を逃した方)
①接種時に東大阪市に住民登録のある方
②平成9年(1997年)4月2日~平成20年(2006年)4月1日生まれの女性
③過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない方
①〜③をすべて満たす方が対象となります。
※初回投与を9月までには完了させ、令和7年(2025年)3月31日までに複数回のワクチン接種を完了させる必要があります。
(対象期限を過ぎると全額自己負担になります。)
 
詳しくは下記をご参照ください。
〇厚生労働省「ヒトパピローマウィルスワクチンの接種を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~」
〇東大阪市「子宮頸がん予防(HPV)ワクチンキャッチアップ接種について」
〇子宮頸がん予防情報サイト
接種方法 筋肉注射、1年以内に3回投与
持 ち 物 ・母子健康手帳
・予防接種済証や過去のHPVワクチン接種歴のわかるもの
・すこやか番号のわかるもの
・健康保険証またはマイナンバーカード
・診察券(当院に受診されたことがある方)
接種費用 キャッチアップ接種対象者に関する費用は公費のため自己負担なし
予約方法 下記までお電話で予約してください
06-6722-4771(代表)
※接種は月~土(祝日除く)となります。